ミネラルファンデーション・ナチュラルコスメが好き~40代からの美肌道

肌の負担が軽い化粧品で肌の変化を実感。ナチュラルコスメ、オーガニックコスメ、無添加化粧品など使った感想などブログに書いています。

エトヴォスとヴァントルテのパウダーファンデ・下地・スキンケアで迷うあなたへ

f:id:allinone-care:20210710105538p:plain

エトヴォスとヴァントルテは、成分がミネラル中心のパウダータイプのミネラルファンデーション、ヒト型セラミド配合のスキンケアがあります。

 

私は、肌断食をきっかけにエトヴォスの商品を使用するようになりましたが、その後しばらくしてからヴァントルテのミネラルファンデーションも使うようになりました。

 

現在使用しているのは両方とも粉状のパウダーファンデーションですが、エトヴォスは下地を使用した方が化粧持ち良いのに対して、ヴァントルテは下地なしでも化粧持ちが良いです。

 

そんなヴァントルテも、公式サイトを初めて見た時はエトヴォスと似ていると思ったものです。

 

例えばヒト型セラミドやリンゴ幹細胞エキス配合のスキンケアがあったり、ミネラルファンデーションを取扱っている点です。

 

でも、よく商品を見てみると成分構成や商品構成が違いますし、ヴァントルテの方は比較的お手頃価格で商品が購入できます。

 

ですから、エトヴォスとヴァントルテで迷ったら、成分を比較して効果で選んだり、効果をあまり重視しない場合は価格で選ぶ感じです。

 

例えば効果なら、エトヴォスのスキンケアは、保湿ケア、ニキビ・毛穴ケア、エイジングケアの3つに分かれていますから、自分の肌の状態に合わせて効果がありそうなラインから選ぶことが出来ます。

 

また、ヴァントルテのスキンケアラインは一つだけで使用されているヒト型セラミドの数はエトヴォスより少ないですが、エトヴォスのエイジングケアにも使用されるリンゴ幹細胞エキスを配合しているので、お手頃な価格でエイジングケアするならヴァントルテもいいなと思います。

 

他にも、ヴァントルテはエトヴォスで取扱いの無いクレンジング剤があったり、エトヴォスはヴァントルテには無いパウダータイプの下地がありますから、用途や肌質に合わせて選ぶことができます。

 

エトヴォス、ヴァントルテは、肌の負担になると言われる成分は不使用ですから、肌が弱い方は使ってみたいと思うかもしれませんが、他の成分が肌に合わない場合もあるかもしれません。

 

最初から現品を購入するより、まずは、トライアルで試してみる事をおすすめします。

 

▼エトヴォスのトライアルセットを見てみる

>>ETVOS  

 

▼ヴァントルテのトライアルセットを見てみる

>>ヴァントルテ