ミネラルファンデーション・ナチュラルコスメが好き~40代からの美肌道

肌の負担が軽い化粧品で肌の変化を実感。ナチュラルコスメ、オーガニックコスメ、無添加化粧品など使った感想などブログに書いています。

レイチェルワインとベアミネラルのファンデーションを比較

レイチェルワインのミネラルファンデーションは以前にトライアルで試したことがありますが、最近になってから現品を購入しました。

 

ベアミネラルのミネラルファンデーションは気になる点があり購入を迷っています。その理由など含めてわかる範囲になりますが、ベアミネラルとレイチェルワインのミネラルファンデーションを比較してみました。

 

ベアミネラルのマットファンデーション

ベアミネラルは、アメリカ産のミネラルファンデーションです。ルースタイプのファンデーションにオリジナルファンデーションとマットファンデーションがあります。

 

マットファンデーションは、その名の通りマットタイプの仕上がりです。レイチェルワインのミネラルファンデーションがマットタイプですから、比較するならマットファンデーションが適当だと思います。

 

マットファンデーションの成分は、ラウロイルリシン、酸化亜鉛、シリカ、ケイ酸Ca、(+/-)、マイカ、酸化チタン、酸化鉄です。

 

油分や界面活性剤など不使用の肌にやさしいミネラルファンデーションとなっています。

 

専用の化粧下地やフィニッシングパウダーがありますが、化粧崩れを防いで化粧の持ちを良くするには一緒に使用するのがおすすめです。

 

レイチェルワインのミネラルファンデーション

f:id:allinone-care:20210126134841j:plain

レイチェルワインのミネラルファンデーションは国産です。ファンデーションに化粧下地、フィニッシングパウダーの役割があるためメイクの時短ができます。

 

ベアミネラルのマットファンデーションと比較してコスパに差はありませんが、ベアミネラルは化粧下地や仕上げのパウダーが必要ですから、合計した金額がレイチェルワインより高くなります。

 

そうなると、ひとつでベースメイクが完成するレイチェルワインの方がコスパが良いと言えます。

 

レイチェルワインのミネラルファンデーションの成分は、マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Alですが、ベアミネラルの成分と似ています。

 

といっても、同じミネラルでも複数の種類があるようですから仕上がりは違うかもしれませんが、口コミを見ると使用感が似ているというコメントもありました。

 

もし似ているとしたら、レイチェルワインの方が下地いらずですし出費が抑えられるので良いかもしれませんね。

 

>>レイチェルワインとエトヴォスのミネラルファンデーションを比較